WHOの不妊症への取り組みと見解(抜粋)

出典元:WHO

世界には4800万組のカップル、1億8600万人の個人、実に生殖年齢の15%が不妊症とされています。

課題への対応

不妊症に対処についてのさまざまなことは依然として課題であり、不妊症の診断と治療は、国の人口開発政策や※リプロダクティブヘルス戦略において優先されないことが多く、また公的医療費でカバーされることはほとんどありません。さらに人材や必要な設備・インフラの不足、治療薬の高騰は、不妊症患者のニーズに積極的に取り組んでいる国にとっても大きな障壁となっています。

生殖補助医療(ART)は30年以上前から行われており、体外受精(IVF)などにより世界中で500万人以上の子供が生まれていますが、平等で公平な不妊治療はほとんどの国々、特に低・中所得国において課題となっています。

政府の政策により、安全で効果的な不妊治療への取り組みにおいての多くの不公平を緩和しないといけません。不妊症に効果的に対処するために、保健政策は不妊症がしばしば予防できるものであることを認識する必要があり、それによって、高額な医療費となる不妊治療を軽減することができます。

国の包括的な性教育プログラムに不妊に対する認識を盛り込むこと、STI(性病)の予防、診断、早期治療を含む取り組みによりリスクを減らし、健康的なライフスタイルの促進、危険な中絶、産後敗血症、腹部/骨盤手術の合併症の予防、不妊と関連する環境毒素への対処は、すべての政府が実施できる政策・プログラムです。

さらに、第三者の生殖やARTを規制することを可能にする法律や政策は、差別のない普遍的な取り組みを行うことにより、関係者全員の人権を保護し促進するために不可欠です。不妊治療政策が実施された後は、その実施状況を監視し、サービスの質を継続的に向上させることが不可欠です。

WHOの対応

WHOは、不妊治療サービスを含む家族計画に関する質の高いサービスの提供が、※リプロダクティブ・ヘルスの中核的要素の一つであることを認識しています。不妊症が人々の生活の質や幸福に与える重要性と影響を認識し、WHOは以下の方法で不妊症と不妊ケアに取り組むことを約束します。

〇パートナーとの協力による不妊症の世界的な疫学的、病因論的研究の実施。

〇不妊症に関する世界的な疫学的・病因論的研究を行うためのパートナーとの協力、および世界各国との政策対話の促進。

〇資源配分やサービス提供のための不妊症の負担に関するデータ作成の支援。

〇不妊治療に関する質の高いケアの世界的な規範と基準の一部として、男性および女性の不妊症の予防、診断、治療に関するガイドラインを作成。

〇ヒト精液の検査と処理に関するWHOラボラトリーマニュアルなど、その他の規範的製品の継続的な改訂と更新。

〇学術センター、保健省、他の国連機関、非国家主体(NSAs)、その他のパートナーを含む関係者と協力し、世界的に不妊治療を提供するための政治的コミットメント、利用可能性、保健システム能力を強化すること。

〇加盟国に対して、国の不妊治療政策およびサービスの開発または実施強化のための国レベルの技術支援を提供。

リプロダクティヴヘルスとは?

性と生殖に関する健康と権利

“女性は、妊娠や出産をする可能性があることもあり、ライフサイクルを通じて男性とは異なる健康上の問題に直面する。こうした問題の重要性について男性を含め、広く社会全体の認識が高まり、積極的な取組が行われるよう気運の醸成を図る。”

という意味で1994年にカイロで開催された国際人口開発会議において提唱された概念で性や子どもを産むことに関わるすべてにおいて、身体的にも精神的にも社会的にも本人の意思が尊重され、自分らしく生きられることです。